読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day

ようこそ~ ここは10代のころにASKAと出会い例の事件のあと再びファンに戻った40代前半の人間がつづるBLOGです あのころの貴重な思い出と共にかたります。 できれば過去から読んでください

 

700番 第一巻

700番 第一巻

 

 

ほんとだ。

すでにアマゾンにある

 

踏み切ったなあ。扶桑社。

踏み込んだなあ。ASKA

 

前の記事にも書いたが、私の700番はこっちである。

 

ASKAが、いかにして覚せい剤に手を染めたのか、いかにしてあの

ソロツアーを、どんな思いで決行していたのか。

 

あの頃、を知るファンとして、すべての場面を理解できてしまった

ファン心理をつかれたのは、このBLOGでした。

 

ドキュメントでみた、ロンドンの時代のASKAの表情。

鮮明によみがえる生で聞いた「PRIDE」、そして貴重な「YAHYAHYAH」

 

大好きだったソロの「帰宅」

 

「KICKS」ツアーまでを追っかけていたわたしの、貴重な青春のページ。

 

あらためて、あのころを共有できた時間に、有難うを言いたい。

 

 

 

 

 

 

あのころ、苦しみながら読んだ「インタビュー」から十数年、

また違った気持ちで、「700番」を読んでいる。