読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day

ようこそ~ ここは10代のころにASKAと出会い例の事件のあと再びファンに戻った40代前半の人間がつづるBLOGです あのころの貴重な思い出と共にかたります。 できれば過去から読んでください

音楽とは?

 

 私にとって音楽とはなんぞや?を問うとき、一つの原点のような場所があります

 

それは、コンサートという場所です

 

「誰の」というわけではない

 

その「コンサート」へ向かっていくということ。

 

これこそが私の原点です。

 

このコンサートという場所は、わたしが初めて「生きてきてよかったんだ」と

思えた場所です。

 

いまでも思うことがあります。

 

「私はうまれてきてよかったのだろうか」と。

 

でも、それは一瞬です。

 

ずっとは続かない。

 

 

だからこそ、「生きてきてよかったんだな」と素直に向き合えたコンサートという

音楽を奏でる場所があるということが、私にとって救いのようなものなのです。

 

「そんなの関係ない」という人もいました。

 

毎日において、という意味です。

 

そんな気持ちは関係ないと。

 

でも、これは私個人のささいな疑問です。

 

誰かに否定されるようなところじゃない。

 

 

 

そんな風におもえたのも、コンサートという場所で、歌を聞いた瞬間でした。

 

 

 

 

 

ミュージシャンの中には、音を奏でるのを職業としてとらえてる方もいると思います。

 

だけど、私みたいな音楽ファンは、なんというのか、人生の一部なんです。

 

毎日の中のほんの少しのことが負担になる。

 

そんなとき、心の中のかたまりが少しでもなくなるように、と努力をしてみます。

 

 

音楽というエッセンスが、私の中でどれだけ必要なのか。

 

その時にわかるのです。

 

コンサートで、生の歌を聞くたびに思うことがあります。

 

「生きててよかったなあ」と。

 

 

 

あのとき、あきらめなくてよかったと。

 

 

 

だから、私の原点です。

 

 

 

 

 

その場所に、あなたがいるということを、

よく、おぼえておいてください。

 

 

 

 

そして私がいるのです。

 

 

 

 

 

それが奇跡です。