読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day

ようこそ~ ここは10代のころにASKAと出会い例の事件のあと再びファンに戻った40代前半の人間がつづるBLOGです あのころの貴重な思い出と共にかたります。 できれば過去から読んでください

自主レーベル

 

そうきたかあ。

 

自主レーベル立ち上げといっても、プロ契約とは違うわけだからちょっと複雑だな。

 

手放しでよろこべない。

 

どうせなら、どっかの大手レコード会社と契約してほしかったし、出版社もそうしてほしかったけど、この感じなら、全部自主かな。

 

それじゃあワタシらと変わらへんやんか~とおもっちゃって、ちょっとね。

 

まあ、自由があるのならそれでいいけど。

 

じゃないとBlog発信とかコメント返信とか無理っぽいし。

 

いろいろ規制あるとね。いまのASKAさんのほうがいいとおもうのはある。

 

インディーズと一言でいいますが、彼らはプロ意識を持ってちゃんとやってると思います。でないと伝わらないし、本気でやらないと売れてるミュージシャンとは違い、

馬鹿にされるのを知っているからです。

 

 

売れてないだけで扱いが違います。

 

だから、私は応援したくなるんですが。

売れてる人っていうのは、プロでもアマでも、ちゃんと見てもらえるんですね。

 

その違いです。

 

 

言えば洋服と同じです。

こちら側からすると、「このメーカーでこの名前だから大丈夫」という安心感の違い。

 

音楽なんて本気で好きな人でないと良さなんかわからないし、伝わらないから、

ただ単に「売れてるからいい」としかならないわけです。

 

 

 

 

そこに嫌気がさしたのであれば、大賛成なのですが。

 

 

いまのASKAさんの現状が、ご本人にあっていればいいのですが。

 

それで満足ではないでしょう?

 

 

そんな気分です。