読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day

ようこそ~ ここは10代のころにASKAと出会い例の事件のあと再びファンに戻った40代前半の人間がつづるBLOGです あのころの貴重な思い出と共にかたります。 できれば過去から読んでください

まあ言われてみればだけど。

 

 下の記事を書いてから、ASKAさんのBLOGを読みましたら、

科研の陽性反応はどうやら正しかったようで。

 

そこに、なんだかの理由があるという話です。

 

あくまで、読む前に書いたものです。

 

時系列がごちゃごちゃですが、すいません。

 

混乱してますが一応わかってます。

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあなあ。

 

言われてみれば疑問はいっぱいある。

 

私が思うのは最初の自宅での任意検査のときに、なぜ強制的にでも同行させて連れていかなかったか?である。

物的証拠がなかったから、できなかったのか。

それと、本当に尿検査で陽性反応が出たのか、である。

 

もし、科研というところで出たのであるならば、確実にシロであるはずだ。

そのところで、きっとなにか手違いがあり、不起訴になった。

結局立証できなかった。

 

別に、薬とかうんぬんは、正直わたしは興味がない。

「バカなことをしたな」くらいしか興味はない。

 

だけど、これは、どうなんだろうか?

ASKAのことを責める報道がきっとなくならないだろうが、

私的には、この報道をいち早く流したTVにも疑問を感じるのである。

 

以前、なにかのドキュメントでみたのだが、サイバー警察の話があり、興味深かった。

 

サイバーというのは、ある手段でおとり捜査をし、ネットに顔をだす連中を

割り出し、住所を突き止め、逮捕するというものであった。

 

ひょっとしたら、ASKAはこの逮捕劇で警察に守られたのではないかと。

でも、世の中の人は、それを話したとしても信用しないだろう。

まあ、それだけの人物というレッテルをはられてしまったのはしょうがない。

 

なんだかの大きな理由がなければ、警察だっておばかじゃあるまいし、

そんなにバカ正直に、この重大な責任問題を認めるわけがない。

 

そうかんがえると、なかなか面白い妄想ができる。

 

あくまで、妄想だ。

 

ASKAさん、どうでしょうか?

 

なんちって。

 

 

 

 

 

 

 しかし、速報で見たニュースでは「お茶」を出したということを言っていたのだが、

 

検尿のときにだしたものが、なんと、お茶!!!!!

 

わっはっは!

 

ASKA、ようやったな!

 

おもろすぎるとしかいいようがない。

 

不謹慎かもしれないけど、

 

なんか、笑えてしょうがない。

 

 

 

あんたすげえよ!