読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day

ようこそ~ ここは10代のころにASKAと出会い例の事件のあと再びファンに戻った40代前半の人間がつづるBLOGです あのころの貴重な思い出と共にかたります。 できれば過去から読んでください

いろんなことを知りすぎて。

 

 

 

またここにきて捕まってしまった

 

せっかく来年のアルバムリリースに向け頑張っていたであろうに。

 

私はかつてASKAのファンであった。

ファンクラブにも入っていたし、地方ライヴにも追っかけて足を運んだりしていた。

いわゆる「出待ち入り待ち」も経験がある。

 

報道陣が地検の前にいるのを見ていて、その場面が鮮明によみがえった。

ASKAの姿は見ることはできなかったが、バンドのメンバーには声援を送ることができたこともあった。

 

今回は、今回だけは、どうか間違いでありますように

 

いまはただ、それだけを祈るばかりである。

 

しかし。

そんな間違いを、たとえ間違いであったとしても、素直に受け入れて認めるであろうか?

 

しかも一番の敵ではなかったのではないのか?

ASKA

お願いだから目を覚ませ!

 

届くとは思えないが、私は自分の直感だけを信じ、見極めてゆくつもりである。

 

 

たとえ、世の中があなたを「変人」呼ばわりしたとしても、だ。

 

 

なにをみてしまったのかはわからないが、危ない橋を渡っているってことだけは

事実なんだぞ。

 

いつも、なにもできない。

 

 

弁護士さんに助け出されることを願っています。

 

 

祈るのみ。