読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day

ようこそ~ ここは10代のころにASKAと出会い例の事件のあと再びファンに戻った40代前半の人間がつづるBLOGです あのころの貴重な思い出と共にかたります。 できれば過去から読んでください

ダウンロード

いつも使っているIBOOKSというダウンロードするアプリで

ダウンロードができるようになっていたので

こちらでダウンロードして読むことにしました。

 

少しずつ読みます

 

少しずつ少しずつ

 

最初の段階ですでに心が折れそうになったけど

こんな扱いをされていたんだなと思うと

なんだか本当に

ASKAさんがASKAでいてくれて良かったなと思える

 

読みます。

私なりの700番

 

 

 

 

 

いよいよ4日後にはアルバムが発売になる

 

いよいよだ。

 

こうなったら、アルバムと一緒に買おうかと考えている

 

なんだか、現実をまだ受け入れられていないのが私の現実だ。

 

ここ数日、各マスコミの反応をチェックしてきた

ほとんどが、核心の部分には触れてないようなコメントだった

 

私が一番、このASKAさんの一件で知りたいのは強制入院されたことである

 

 

私個人的に、どうして今回ASKAさんのことを信じていられたのかとうと、

あの700番BLOGが公開されたあとの入院騒動があったからである。

 

あんなことになってまで、再び手を出すような人がいるのであるなら、

それまでの治療や経緯はすべて無駄ということにもなりかねない。

 

それは、いまの医療に対して全否定になりかねないからである。

 

 

 

だからである。

ASKAさんのことを、救ってくださる方は必ずいると信じたのは。

 

 

 

 

私はそこを紐解きたい。

そしてもし、ASKAさんに聞きたいことがあるとすれば、

この件である。

 

 

入院して、何がどう、変わったか。

 

 

 

 

私なりに、700番を読んでから、ずっとひっかかっているのは、

世間が思っていることとはかなりずれがあるかもしれないが、

 

 

ASKAさんのBLOGにもコメントで同じようなことを言ってる人もいたりするので

少し救われるのである。

 

 

 

 

 

私は、悪いが、薬とか、後遺症とか、そういうのに興味はまったくない。

 

 

 

強制入院、のはなしならば、おおいに語っていただきたいし、聞きたいところなのである。

 

 

 

きょうは、まだ

 

ダウンロードしたけど、さわりくらいしか読めてません。

 

「700番」ついに発売になったんですね。

 

というのも、実は無料のやつしかまだよめてません。

サンプルっていうやつです。

 

本で、買おうかどうか悩み中です。

きっちり向き合いたいという気持ちでもある。

どうして「700番」一巻が出なかったのかは、なんとなく検討は尽きます

しかし、本当は私の中でのこの事件は、あの一巻で完結していました

 

なぜなら、私自身が、あのころのASKAさんをよく知っているファンだったからです。

手に取るように理解できたのはあの一巻だったのです

 

その後のASKAは、はっきりいって記憶にないです

だから、はっきり言って読んでもつまんないんじゃないかな?という気持ちのほうが

強いんです。怖いってのもあるかな。

 

 

でも、世の中がいうことに対して、どんなふうに気持ちで対処していけばいいのか、

読んだ後にわかる気もします。

 

 

まだ、手に取ってよいのか悩んでいます。

 

ASKAさんが好きだったという自分自身への想いと、

ASKAさんの今後の未来への投資ですかね。

 

 

 

 

うーん。悩むぞ。

 

 

 

いま

朝の番組で昨日のテレビ出演の映像を見ました

 

新曲もきくのは数回目でしたが

久々に込み上げてくるものがありました

 

アルバム買います

 

素直にほしい

 

そう思いました

 

ありがとうございました

 

ASKAさんが生きててくれて

良かった

 

しかし

ファンの気持ちを

勝手に代弁するあの方たちは

一体

何を思っているのか

 

 

 

 

 

本当に許せないなら

そんなことを簡単に言わないでほしい

 

 

ASKAさんを復帰させたのは

ファンのちからではもはやない。

 

 

ASKA自身が

本気を出したからこうなった

 

それだけのことだ

 

 

ファンだって複雑だろう

複雑なんだよ

 

 

だけどあえて踏み込んで応援する

 

それこそが一見じゃない 本気のファンだ

 

 

 

悪いがまだ100%じゃない。

それぐらいちゃんとわかってる

うん。

わかってる。

 

 

 

ビビットをみていて

そんなことを思いました

 

 

ASKAさんのことをお怒りになるのは勝手ですが

 

ファンである立場の人間だっておんなじ気持ちの人もいるはずなんだ

 

 

 

だけど

 

ASKAさんは

乗り越えようとしている

 

 

 

批判なんてクソくらえだ

 

 

言葉は悪いが

 

いまは

 

そんな気分です

 

 

 

この世の終わり

 

去年

癌がみつかり

 

手術した父親

 

今日

 

煙草を吸っていることがわかった。

 

ずっとおかしいとは思っていた

だけど言えなかった

 

やめたとばかり思っていた

 

がんが見つかり

一時は苦しいところから逃れることばかり考えた私は

この先どうしていったらいいかわからない。

 

 

 

 

 

なんか

ばかばかしくなってしまった。

 

 

 

 

すべてを捨てて

 

 

旅に出もでようかな。

 

 

 

 

 

 

怒りで体がずっと震えてる。

 

 

 

 

カウントダウン

 

ASKAさんの本を

どうやって買おうかなといろいろ検討していたところ

キンドルでダウンロードできるようになっていて

それで読もうと思います

 

できれば本屋で置いてあるのをみたいのですが

どこに並ぶかも情報がないので

でも一応見に行ってみようとも思っています。

 

CDは最近もっぱらダウンロードで

それもできればそちらでやりたい。

 

最悪はリリースになってからアマゾンです。

 

実はアマゾンとは結構深い縁がありまして。

うちは、普通に買ったりしているんですが、どうも私は宅配というのが

苦手らしく、最近は本もダウンロードでしか読まなくなっていました、

 

ダウンロードできるのはありがたいです。

 

っていうかできますよね?あれ。

 

 

 

しかしようやく、ようやくカウントダウンですね。

 

 

ASKAさんの判決が決まった日「次まで長いなあー」とおもったけど、

あっという間だった。

 

 

 

この数年間は、かなり濃いものでした。

 

 

今の自分が、あのころの自分に言えることがあるなら、

「頑張れよ、自分」

 

 

というところでしょうか。笑。

 

 

 

こんなタイトルの歌、どうでっか。

 

笑。

 

 

メロンパンとチップスター

 

最近の好物です

なぜかこの二つがこのごろつい買ってしまう好きなもの。

 

実は私も好きなんですよね。

今年に入ってすでに4本のチップスターをたいらげています

 

寒いせいか、むちゃくちゃおやつが恋しいこのごろ。

 

今日は、メロンパンがたくさん届きました

宅配のものです(笑)

 

一個売りがなかったんですよね。

ちかかったらね、差し入れにでも行きたい気分です

 

ところで、ASKAさんはまだメロンパン好きですか?

私は大人になってからメロンパン好きになりました。

 

 

 

ちなみにうちも日清のカップ麺は常備品です。